骨董品を少しでも高く買取してもらうコツとは

[骨と董と品]サイトのメイン画像
  1. トップページ
お店選びが大事

お店選びが大事

骨董品買取は、お店によって価格に大きな差が出ます。骨董品を買取してくれるお店は2種類に分けられます。買取専門店と、買取と販売を行っているお店です。買取専門店は、買い取った骨董品を転売することで、差額として利益を得ています。買取と販売の両方を行っているお店は、買取専門店から仕入れていることもありますが、お客さんから買い取った骨董品を直接販売することもあります。この場合、高く買い取ってもらえる可能性が高いのは、買取と販売の両方を行っているお店です。仲介手数料が省けるため、高く買い取ってもらえる傾向があります。

目利きのお店を選ぶことも大切です。売りたい骨董品と同じジャンルの品物を専門にしているお店を選びましょう。買取の前に、複数のお店で鑑定してもらうことをおすすめします。

まだまだある高く売るためのコツ

骨董品買取のコツは他にもあります。少しでも高く買い取ってもらうためには、付属品や鑑定書が揃っていることが重要です。付属品が揃っているだけで、査定金額が高くなります。付属品とは、陶器などの共箱のことです。共箱とは、作者が箱書きをして骨董品を納めた箱です。付加価値が高くなるケースがあります。

骨董品の保存状態を良くしておくことも大切です。掛け軸や古書などは湿気に弱いため、高温多湿の場所で保管すると、時間と共に劣化が進んでいきます。風通しの良い場所で保管しましょう。骨董品にも流行があります。売るかどうか迷った時は、一度お店に相談してみるのもいいでしょう。

骨董品買取ガイドはこちら

Copyright © 2018 骨董品買取情報サイト[骨と董と品]. All Rights Reserved.